欲望と本能が体全体を覆い尽くし、考えることなどできない。
あるのは目の前の現実と、目に見えない快楽だけ。
このまま溺れて助からないのではないかと、錯覚してしまう。
でも、もしも今ここで死ぬのなら、何ら悔いはない。