いろんな場所を散策していると、時々歪んでいる場所がある。
他の人には分からない、僕だけが感知できる時空の歪み。
放っておいても特に悪影響があるわけではないけれど。
世界が少しずつ弱っていっているのを、何となく感じるのだ。