誰が話しかけても生返事をするだけの、極めて無口な奴だった。
ただ、先日図書館で、誰かと楽しそうに話しているのを見た。
たぶんあいつは、自分を理解してくれる人を求めているのだろう。
頭の良すぎる人間は、周りに理解者が少ないから。