今日という一日を全力で、真剣に生きられたかどうか。
それを判断するには、どうすれば良いのかをずっと考えていた。
僕が辿り着いた結論は、一日の終わりに余力が残っているかどうか。
精も根も尽き果てるほど疲れていれば、全力を尽くせたと僕は判断している。