千里の道も一歩から。
慌てる必要も、急ぐ必要もない。
緩やかに、徐々に広がっていけば良い。
赤兎馬のように、一日で千里を駆ける必要はないのだ。