今の私には、寄り道を楽しむ余裕がある。
一直線に突き進むってのも、悪くはないけれど。
脇道に入ることで得られる本来は存在しなかった時間も、悪くはない。
新しい出会いってのは、そういうところに眠っているものだから。