時には、闇に葬らなければならない真実というものもある。
私の営んでいる始末屋は、そういった真実を始末する仕事を請け負っている。
誰にも知られてはならない、裏の稼業だ。
当然、我々の素性その他も、既に闇に葬ってある。