夜空を見上げたら、飛行機が飛んでいるのが小さく見えた。
こちらからは見えるが、飛行機の中の人から僕は見えない。
それでもこうして、同じ空の下で同じ時間を共有している。
僕は見えないと知りつつも、飛行機に向かって大きく手を振った。