私は世界を好きに支配しようと思っているが、殺生は好まない。
だから、私を倒さんとする勇者のことも、殺そうとは思わない。
そんなことしなくても、彼らを避けることは簡単なのだ。
使命と記憶、それを奪ってしまえば、勇者は何もしてこない。