資産家の一人娘として育ったからか、随分と高飛車になってしまった。
そんな美人の令嬢である彼女の鼻を、僕は一度明かしてやりたかった。
そのはずだったのに、気がつけば彼女とつき合うことになってしまった。
どうやら彼女は、自分にも負けないほど気の強い男が好きだったらしい。