すぐにここが夢の中だと分かった。
夢の中で夢を見ていることも分かった。
それくらいでなければ、こんなことは起こり得ないのだ。
僕が夢に向かって一心不乱に頑張るなんて。