致命傷を受けてしまい、もう助からないことが分かった。
だから伝えて欲しい言葉を彼に託そうと思った。
しかし言い終わった後の彼の一言は「今何て言ったんだ?」だった。
こんな最期も自分らしいかもしれない。