あの日からずっと、止むことのない雨が降り続いている。
でも私は、その雨を止ます方法を知らないし、知っていても実践できない。
彼が私のことを忘れてくれない限り、雨が止むことはないからだ。
私を失った悲しみを抱いて、今日も彼は、自分の心に雨を降らせている。