夢の続きを見ることは私にとっては簡単なことだった。
というよりも、どんなにつながりがなくても夢は続いているのだ。
それは現実を見ていればよく分かる。
今日が昨日の続きじゃないことなんて別に珍しくない。