彼女はまだ何色にも染まっていない。
染まることを恐れているようにも見える。
誰だって真っ白なうちは似たような思いを抱えるものだ。
彼女にも色を塗ってくれる人がいつか現れるだろう。