初めてできた友達の死を受け止めるにはまだ幼すぎると思った。
だからあの子には遠くに引っ越したとだけ伝えて真実は打ち明けなかった。
でもどんなに幼い子供でも隠し事はできないものだ。
毎晩のように星に向かって話しかけるあの子を見てそれを知った。