何もできないからみんなに助けてもらう。
もちろん僕もみんなの力になれるならなりたいと思う。
でも僕は何もできないから助けになれない。
だから僕の場合はみんなは一人のためにで終わってしまうのだ。