「俺はどこまでも王道を行くぜ」
邪道の反対の意味で直球で勝負するみたいな意味だと僕は思った。
でも十数年後、その認識が間違っていたと気づいた。
新しい国王が決まったというニュースに映っていたのがあいつだったから。