別に生きることを諦めたから遺書を書いているわけではない。
でも死ぬ時はやはり潔く逝きたいと思っている。
いつその時を迎えても良いように準備をしておきたいだけだ。
どうせその気になればいつでも死ねるんだから、今すぐ選択する必要はない。