かつて一時代を築いた男なんて言われているが、もはや過去の話だ。
すぐに消えたし、一時代と言うよりは一瞬間を築いたと言った方が正しい。
それでも未だに時々、こうして持ち上げられることがあるのだ。
自分では終わった人間だと思っているから、こういうのは逆に辛い。