意外な人物が犯人なんてのは物語の中の話だ。
現実でもないとは言わないが、私の担当した事件では珍しいことだ。
たいてい、いかにも怪しい奴が実際に犯人である場合が多い。
不謹慎かもしれないが、たまには意外な犯人に出くわしてみたいものだ。