これがあればいくらでも米が食えるものを持ち寄ることになった。
その時は自分の好きなおかずの食べ比べになると僕は思っていた。
だがいざ集まったら、どれだけ白米を食べられるかの勝負になっていた。
冗談抜きで何合でも米を食べ続けらるから正直おかずとか関係なかった。