アタリつきのガムやらアイスはあまり買わないようにしている。
どうせ買っても当たらないという考えが前提にあるからだ。
だからたまに当たっても反射的にハズレと思い込んで捨ててしまう。
そしてよくあるのが、ガムやアイスの方をうっかり捨ててしまうという愚行。