とりあえずこの町で一番強い奴を倒して俺が一番になる。
小さな一歩からスタートし、いずれは世界を制するつもりだった。
でもその一歩はとてつもなく大きな一歩だったのだ。
この町で一番になることは、世界一になることに等しかったから。