死のリスクが高いから念のため遺書を残そうと思った。
でも書き始めてすぐにそんなものは必要ないと思った。
絶対に生きて帰ってくるからとか、そんな前向きな理由ではない。
天涯孤独の私には、遺書を見せる相手など存在しないのだ。