「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」
「それはあなたです」
ようやく鏡がこの答えを返してくれるようになったか。
ここに至るまで私は世界中の全ての人間を排除しなければならなかった。