「今の俺に足りないのは何だ?」
「うーん、まずはオツムかなぁ?」
「ああ、オムツならいつ漏らしても良いように一応はいてるぜ」
「……うん、やっぱりまずはオツムだね」