生々しい斬撃の跡が惨劇の内容を如実に物語っている。
おそらくはこの世で最も醜い争いだったと思われる。
でも当事者たちにとっては最も誇り高い決闘だったのだろう。
自分の命を懸けようって時に本気になれない奴なんていない。