こうでなければならないとか、こうしなきゃならないとか。
そうやって意識の鎖で縛っていくのが私には耐えられない。
私たちはもっと自由に、自分の思う通りにして良いはずなのだ。
本来なら、それを意思と呼ぶのではなかっただろうか。