何をやっても上から二番だったら満足できていたと思う。
私の場合、何をやっても下から二番なのだ。
どんなに一生懸命やっても下から三番目にいくことができない。
いっそ全てが下から一番の方がまだ諦めがつくのに。