確かに僕は穴があったら入りたいとは言った。
でもそれは落とし穴に落ちたいという意味ではない。
ましてや、自力で出られないほど深い穴に落ちるなどもってのほか。
だから僕はこの状況を全く歓迎していない。