時間の流れに取り残されてしまい、死ぬことすら忘れた男がいる。
彼の瞳に映っているのは光なのか闇なのか。
いずれにせよ、彼を待ち受けるのは永遠という名の絶望だ。
そのうちに孤独という概念すらも忘れてしまうに違いない。