道を作るのはいつだって自分だった。
荒れた大地だってそのままにしておいたら何にもならない。
自分で整備して、開拓して、それで初めて何かができる。
人生は荒れ地だらけだから、毎日耕さないといけないのだ。