廃校なったらすぐに取り壊されることは聞いていた。
それでも何かを残しておきたかった。
だから僕たちは学校中の壁や床に落書きをたくさん描いた。
たとえすぐに消えてしまったとしても、この思い出はなくならない。