「いくつ?」
「ん? 十六」
「年齢じゃなくてコーヒーに入れる砂糖の数だよ」
「うん、だから十六」