光があれば必ず闇があるのと同じで、全てのものには対の存在がいる。
それなのにみんな死神のことしか知らない。
当然、死神の対である生き神だってちゃんと存在しているのに。
誰も我々の存在を気にかけようとしないのだ。