本を読むのが苦手で、夏休みの読書感想文はいつも憂鬱だった。
中学生になってからは、適当に頭の中で物語を考えて感想文を書いていた。
あれがきっかけで今は作家として活躍している。
本嫌いだった私が本に携わる仕事をしているのだから本当に人生は異なものだ。