良いことはなぜか印象に残らず、ダメなことばかり覚えている。
だから自分が酷く何もできなくて不幸な人間に思える。
でももしかしたらそれは自分を慰めようとしているだけなのかもしれない。
印象に残ってないのではなく、本当に良いことが一つもなかったのかもしれない。