哀傷の大粒が目から溢れ出た。
理性では止めることができない。
その時になって初めて気づいた。
あの人がどれだけ大切な存在だったかということが。