この勝負は動いたら負け。
木のように、いや、岩のようにじっと待つ。
そして奴が目を離した隙に一気に距離を詰めるのだ。
「これがだるまさんがころんだって遊びだよ。オッケー?」