たった一パーセントで十分なのだ。
何百回チャレンジしたってどうにもならないことが世の中たくさんある。
それに比べたら百回に一回奇跡が起きるなんて夢のようだ。
どんなことでも一パーセントあれば僕は気兼ねなく勝負に出られる。