自分をいたわらなかったあの頃に戻りたい。
あの頃はどんなに自分の体をいじめ抜いても平気だった。
それに耐えるだけの体力も精神力もあったのだ。
今はもう、何をするにも体への負担を気にしてしまう。