明けない夜がないということは、沈まない太陽もないということだ。
つまり物事にはいつか必ず終わりが来る。
でも真の意味での終わりはないということでもあるのだろう。
一つの終わりは次の始まりでもあるからだ。