好きな人に触れたいと思うのはごく自然なことだと思う。
もちろん手や唇だけではなく、もっと神秘の奥深くまで。
だからこれは、決して薄汚れた下心などではないのだ。
純粋に愛したいという気持ちが体を動かしているにすぎない。