独りでいることが寂しいとも退屈だとも思ったことはない。
それでも私は、独りでいるべきではないと感じている。
独りということは、自分を制御してくれる人がいないということだ。
どこまでも自由な反面、どこまで堕ちても、誰も掬い上げてくれない。