超一流の泥棒は、自分が盗んだことを誰にも気づかせない。
彼にもそんな一面がある。
彼は他人のアイデアを盗むのが本当に上手いのだ。
それを思いついた本人でさえ、彼に盗まれたことに最後まで気づかない。