いつだって私を動かすのは嘘の原動力だ。
やたらと女にモテるとか、現実には絶対にあり得ない。
でも絶対にあり得ないと思いつつ、心のどこかでは期待している。
それが私を前に進ませる。