派手なのも悪くないが、やはり最後は少ししんみりくらいで良いだろう。
クライマックスの後のエピローグみたいなものだ。
僅かな余韻を残しつつ、終わりであることをそっと告げる。
そのために私たちは、線香のような儚い光を放つのだ。