どんなものでも一万時間やれば一流になれるという法則がある。
しかし一万時間ってのは決して短い時間ではない。
一つのことに一万時間を使っていたらできることは限られる。
だから私は一万時間を一日に凝縮できる機械を一万時間使って開発した。