敵の諦めの悪さに僕たちは救われた。
正直、奴らの圧倒的な強さの前に僕たちは絶望しか抱いてなかった。
でもなぜか彼らは反撃の隙ができるまで戦いを引き延ばそうとした。
彼らがもっとあっさりしていたら、僕らは殺されていただろう。